大学生のつぶやきブログ

英語の勉強をしています。

受かる人、落ちる人

さて、受験シーズンが終わると思いきや、新たな学年の受験シーズンが始まる。

高校、大学を志望するにあたりテスト、センター試験、面接といった受験は不可避になります。

 

どんな人が受かり、どんな人が落ちるのでしょうか。

あくまで傾向の問題なので絶対とは限りませんが、、、

 

① 意識の高い人が受かり、低い人が落ちる。

やはり、受験は勉強をする前から始まっています。どんな学部へ、どんな学校へ行くのか。その想いが強ければ強いほど勉強への熱も熱くなります。

 

② 忍耐強い人が受かり、弱い人が落ちる

勉強が楽しい人〜???

いないでしょう。いたら変人です。

さて、でも受験勉強は避けられないでしょう。推薦の人は面接だって必要でしょう。

そこで、だからこそ、忍耐が大事なのです。

やりたくないこと、勉強以外にもありますよね?そこでやめていいんですか??

辛いのはあなた一人ではありません。

隣にいる人、家族、先生、味方になってくれる人、好敵手、、、

人と人のつながりは大事です。誰も一人では生きていけません。

 

③ 行動の早い人が受かり、遅い人が落ちる

どれだけ勉強したとしても、早くから始めた人に勝つのはなかなか難しい(ここで大事なのは、できないというわけではないということ)

例えとして極端ですが、東大を目指す人は高校、中学、早くは小学校から英才教育を受けています。

つまり、総合の勉強時間が格段に違うのです。

志望校に受かりたかったら、せめても、同じ学校を目指す人よりも早く勉強を始めてください。

 

 

すべてはあなたにかかっています